• トップ
  • > 花粉症の基礎知識
  • > 花粉症の治療

花粉症の基礎知識

花粉症の治療 監修:日本医科大学 耳鼻咽喉科 教授 大久保 公裕先生

初期療法で、早めの対策を!

初期療法とは?

花粉が飛びはじめる前、もしくは症状が軽いうちに治療を始めることを初期療法 といいます。
初期療法をおこなうと、症状が出るのを遅らせたり、症状を軽くしたりできる可能性があります。

症状にあわせた治療

花粉症のタイプ分け ーあなたはどのタイプ?ー
花粉症は、症状の特徴によって、くしゃみ・鼻みずだけがある「くしゃみ・鼻漏型」、鼻づまりがある「鼻閉型」、全ての症状が同じくらいある「充全型」に分けられます。 ご自身の症状タイプを確認し、症状にあった治療を早めに先生に相談しましょう。
症状のタイプは「花粉症 症状ちぇっく」で確認できます。

くしゃみ・鼻漏型/鼻閉型/充全型

症状をできるだけ軽くし、普段に近い生活をおくるためには、症状や重症度にあった薬剤を選択することが大切です。

主なアレルギー性鼻炎のお薬

その他
アレルゲン免疫療法
抗原の除去・回避
眼の症状には点眼薬で対処

※2016年版アレルギー性鼻炎ガイドより作成